1. ホーム
  2. テニス観戦豆知識
  3. テニス基礎知識(テニスコート)

テニス観戦豆知識

テニス基礎知識:テニスコートについて

テニスコートの広さ

 

 ※シングルス 縦23.77m 横8.23m

 ※ダブルス 縦23.77m 横10.97m

 ※ネット ネットの高さは中央で91.44cm

 室内コートの場合は、
 天井の高さが、ネットの真上19.14m以上

 




テニスコートの種類(サーフェス)

クレーコート 土(クレー)のコート。クレーコートは、材料、施工方法により様々な種類があります。
日本で多くみられるクレーコートは、粘土・赤土・砂を混ぜあわせて作った「イエロークレー」
他にはアメリカで多くみられる「グリーンクレー」 、陶土を焼いて作った土を使用した「アンツーカー」 などがあります。
グランドスラムの全仏オープンで採用されているコートは、石灰岩クラッシュとレッドクレイを使用した「レッドクレイ」です。
<クレーコート特徴>
・ボールの威力を土が吸収する為、球足が遅くなりやすく、ストロークが得意な選手向きといえます。
・使用しているうち表面の砂が偏り、イレギュラーバウンドしやすい。
・サラサラの土で滑りやすいが、ハードコートに比べると足腰への負担が少ない。
ハードコート 表面がアスファルト・セメントなどの硬質素材(ハード)で出来ているコート。
世界で最も普及しているコートで、世界ツアーでもハードコートの大会が多く、グランドスラムでは、全米・全豪オープンで使用しています。
<ハードコートの特徴>
・表面が硬いのでボールがよく弾み、球足が速く、イレギュラーバウンドしない。
・様々なサーフェス(コート)の中でも一番足腰に負担がかかりやすい。
グラスコート ウィンブルドンで有名な天然の芝生のコート。ローンコートとも呼ばれます。
ウィンブルドンのセンターコートは、年に一度のウィンブルドンの為だけに用意されてるコートで、それ以外の期間は芝の養生に費やされています。
<グラスコートの特徴>
球足が速く、バウンドが低い。 足がすべり易い。
・使用するうちにコートが荒れてくる。そのためイレギュラーバウンドしやすくなる。
その他 人工芝に砂をまいた「砂入り人工芝」、絨毯のような素材を敷き詰めた「カーペットコート」(室内)などがあります。


PAGE TOP

男子テニスツアーについて

テニス基礎知識

有明に応援に行こう!

錦織圭ファンサイト カテゴリ