1. ホーム
  2. 錦織圭選手のプロフィール
  3. 錦織圭選手の経歴
  4. プロ転向後

錦織圭選手の経歴

錦織圭選手の経歴(2007年~現在) プロ転向後

2007年(プロ転向)~現在
2007年10月 「AIGジャパン・オープン」よりプロ転向
2008年02月 「デルレイビーチ国際選手権(ATP World Tour 250)」で世界ランキング12位の
ジェームス・ブレークを倒しATPツアー初優勝!
錦織選手の18歳と1ヶ月19日でのATPツアー優勝は、1998年にアデレードの大会を制したL・ヒューイット選手以降、最年少記録 
日本人選手としてのATPツアー優勝は、1992年に松岡修造選手がソウル大会で優勝して以来16年ぶりの快挙
2008年04月 「デビスカップ」エースとして最年少出場
谷沢英彦の18歳3ヶ月25日を塗り替える18歳3ヶ月13日で、日本デ杯史上最年少出場を記録。
デビスカップ アジア・オセアニアゾーン1部2回戦最終日、マヘシュ・ブバシに勝ち、18歳3ヶ月15日で日本デ杯史上最年少勝利を記録
「バミューダ・オープン (チャレンジャー)」優勝
4月28日付の最新ランクで99位となり、日本人最年少100位以内
2008年06月 「ウィンブルドン(グランドスラム)」本戦から出場。グランドスラムデビュー
18歳5ヶ月でのグランドスラム出場は、日本男子史上最年少
2008年08月 ITF(国際テニス連盟)の推薦を受けて「北京オリンピック出場」
日本男子がシングルスに出場するのは、96年アトランタ五輪の松岡修造選手以来12年ぶり。
18歳での代表は、テニスが88年ソウル五輪で正式競技に復帰して以降では日本最年少
「全米オープン」本戦から出場
1回戦グランドスラム初勝利!&日本男子 グランドスラム最年少勝利!
日本男子 全米オープン3回戦進出 神和住純選手以来35年ぶり
日本男子 全米オープン4回戦進出 1937年以来71年ぶりの快挙!
2008年10月 「イフ・ストックホルム・オープン(ATP World Tour 250)」ベスト4入り
2009年03月 右肘の故障のため、約1年間長期療養
2009年10月 2008年ATPツアー最優秀新人賞受賞
2011年01月 「全豪オープン」3回戦進出!
日本男子 全豪オープン3回戦進出は、石黒修選手以来46年ぶり!
2011年02月 「デルレイビーチ国際選手権(ATP World Tour 250)」ベスト4入り
2011年04月 「全米クレーコート選手権(ATP World Tour 250)」準優勝!
2011年05月 日本男子最高ランキング記録46位に並ぶ
2011年06月 「AEGON国際オープン(ATP World Tour 250)」ベスト4入り
2011年07月 「デビスカップ」日本のエースとして出場。チームに貢献 
見事プレイオフ進出を果たし、27年ぶりワールドグループ復帰
2011年09月 「マレーシア・オープン(ATP World Tour 250)」ベスト4入り
2011年10月 「上海マスターズ(ATP World Tour Masters 1000)」 マスターズシリーズでは初のベスト4入りの快挙!
10月17日付け世界ランキング30位 日本男子史上最高位更新!
「スイス・インドア(ATP World Tour 500)」 初戦ではランキング6位のT・Berdych選手、準決勝ではランキング1位のNovak Djokovic選手に勝利し、準優勝!
男子日本人選手が世界ランキング1位に勝利するのは史上初!
11月7日付け世界ランキング24位 自己最高位更新!
2012年01月 全豪オープン第24シードで出場。
1973年以降、四大大会で日本男子がシードされるのは史上初!
全豪オープン4回戦進出は、日本人選手として80年ぶりの快挙!
全豪オープンベスト8入りは日本男子史上初!
グランドスラムベスト8入りは、95年全英の松岡修造氏以来
1月30日付け世界ランキング20位 自己最高位更新!
2012年02月 2月13日付け世界ランキング18位、翌週の2月20日付けでは世界ランキング17位と2週連続自己最高位更新!
2012年03月 「ソニー・エリクソン・オープン(Masters 1000)」 日本人初のベスト16入り
3月19日付け世界ランキング16位 自己最高位更新!
2012年04月 日清食品ホールディングスと所属契約を締結
2012年06月 「ウィンブルドン(グランドスラム)」3回戦進出
3回戦進出は、1995年に8強入りした松岡修造氏以来17年ぶり
2012年07月 ロンドンオリンピックにシングルス第15シードで出場し、8強入りを果たす
日本男子シングルス1回戦勝利、8強入りは、1924年パリ五輪以来、88年ぶりの快挙!
2012年10月 「楽天ジャパンオープン(ATP World Tour 500)」優勝!日本人初のツアー2勝目!
10月8日付け世界ランキング15位 自己最高位更新!
2013年02月 「アメリカ国際インドアテニス選手権(ATP World Tour 500)」優勝!ツアー3勝目!
2013年06月 「全仏オープン(グランドスラム)」4回戦進出
全仏16強入りは、日本人選手として1938年大会の中野文照氏以来、75年ぶり
2014年02月 「アメリカ国際インドアテニス選手権 (ATP World Tour 250)」優勝!ツアー4勝目!
2014年03月 「ソニー・エリクソン・オープン(ATP World Tour Masters 1000)」 ベスト4
2014年04月 「バルセロナ・オープン (ATP World Tour 500)」 優勝!ツアー5勝目!
2014年05月 「ムチュア・マドリード・オープン (ATP World Tour Masters 1000)」 準優勝
5月12日付け世界ランキング9位 初のTOP10入り!
2014年09月 「全米オープン(グランドスラム)」準優勝!
2回戦勝利でグランドスラム勝利数が33勝となり、81年ぶりの日本人歴代1位を達成
(決勝進出で37勝)
全米ベスト8入りは、男子日本人選手として1922年の清水善造氏以来、92年ぶりの快挙
全米ベスト4入りは、男子日本人選手として1918年の熊谷一弥氏以来、96年ぶりの快挙
アジア人初のグランドスラム準優勝! ランキングが自己最高の8位に!
2014年09月 「マレーシア・オープン (ATP World Tour 250)」 優勝ツアー6勝目!
9月29日付け世界ランキング8位 自己最高位更新!
2014年10月 「楽天ジャパンオープン(ATP World Tour 500)」2度目の優勝!ツアー7勝目!
10月6日付け世界ランキング6位 自己最高位更新! 
2014年11月 「BNPパリバ・マスターズ (ATP World Tour Masters 1000)」ベスト4入り
11月3日付け世界ランキング5位 自己最高位更新! 
ツアー最終戦「ATPワールドツアー・ファイナルズ」に出場!アジア初の快挙!
ATPワールドツアー・ファイナルズ ベスト4入り
2015年01月 開幕戦「ブリスベン国際」 3年連続4強入り
ダブルスでは準優勝!ATPツアー初の決勝進出
2015年02月 「アメリカ国際インドアテニス選手権 (ATP World Tour 250)」 優勝!ツアー8勝目!
自身初、大会史上初の3連覇
2015年03月 「アビエルト・メキシコ・テルセル・オープン(ATP World Tour 250)」準優勝
1回戦勝利で ツアー通算 200勝達成
3月2日付け世界ランキング4位 自己最高位更新!
2015年04月 「バルセロナ・オープン(ATP World Tour 500)」 バルセロナ2連覇!ツアー9勝目!
2015年06月 「全仏オープン(グランドスラム)」ベスト8入り
全仏ベスト8入りは、男子日本人選手としては1933年の佐藤次郎氏以来、82年ぶりの快挙
2015年08月 「シティ・オープン(ATP World Tour 500)」 優勝!ツアー10勝目!
2015年11月 ツアー最終戦 「ATPワールドツアー・ファイナルズ」に2年連続出場を果たす
2016年02月 「アメリカ国際インドアテニス選手権 (ATP World Tour 250)」 優勝!
ツアー11勝目!
自身初、大会史上初の4連覇
2016年03月 「マイアミ・オープン (ATP World Tour Masters 1000)」準優勝
2016年04月 「バルセロナ・オープン(ATP World Tour 500)」 準優勝
2016年07月 「ロジャーズ・カップ(ATP World Tour Masters 1000)」準優勝
2016年08月 リオ オリンピック 銅メダル獲得!日本テニス96年ぶりのメダル獲得の快挙
2016年09月 「全米オープン(グランドスラム)」 ベスト4
全米オープン・スポーツマンシップ賞に錦織選手が選出されました。
2016年10月 「スイス・インドア(ATP World Tour 500)」 準優勝
2016年11月 ツアー最終戦 「ATPワールドツアー・ファイナルズ」に3年連続出場

>> 錦織圭選手の経歴(プロ転向前)


PAGE TOP

錦織選手の情報

関連 リンク

錦織圭ファンサイト カテゴリ