1. ホーム
  2. 錦織圭選手の試合結果
  3. 2008年 シングルス

2008年 シングルス 試合結果

2008年 出 場 大 会 (大会名をクリックすると詳細をご覧になれます。)
日程 大 会 名 カテゴリ 成績
01.12 - 01.19 ITG Miami Challenger (ITGマイアミチャレンジャー) CH
01.26 - 01.27 Dallas 予選 (AT&T ダラスチャレンジャー) CH
02.09 - 02.17 Delray Beach International Tennis Championships
(デルレイビーチ国際テニス選手権)
IS
02.18 - 02.24 SAP Open (SAPオープン) IS
02.23 - 02.24 Regions Morgan Keegan Championships 予選
(リージョンズ・モーガン・キーガン選手権)
ISG
03.11 - 03.23 Pacific Life Open (パシフィックライフ・オープン ) MS
03.18 - 03.23 BMW Tennis Championship (BMWテニス選手権) CH
03.26 - 04.06 Sony Ericsson Open (ソニー・エリクソン・オープン ) MS
04.11 - 04.13 デビスカップ2008 アジアオセアニアゾーンⅠ2回戦 【日本対インド】 DC
04.14 - 04.20 Houston U.S. Men's Clay Court Championships (全米クレーコート選手権) IS
04.21 - 04.27 XL Bermuda Open (XLバミューダ・オープン) CH
05.20 - 05.23 Roland Garros 予選 (全仏オープン) GS
05.26 - 06.01 Izmir Cup (イズミールカップ) CH
06.02 - 06.08 The Surbiton Trophy (サービトン・トロフィー) CH
06.09 - 06.15 The Artois Championships (アルトワ選手権) IS
06.14 - 06.21 The Slazenger Open (ノッティンガム・オープン) IS
06.23 - 07.06 Wimbledon (ウィンブルドン) GS
08.10 - 08.17 Olympic Tennis Event-Beijing (北京オリンピック) OL
08.25 - 09.07 US OPEN (全米オープン) GS
09.29 - 10.05 AIG Japan Open Tennis Championships (AIGジャパン・オープン) ISG
10.06 - 10.12 IF Stockholm Open (イフ・ストックホルム・オープン) IS
優勝  準優勝  Best4  Best8 / サーフェス ランキング 獲得ポイント・賞金 ファンからのメッセージ

1月12日~1月19日 ITG Miami Challenger (ITGマイアミチャレンジャー)

カテゴリ: チャレンジャー(CH) 開催国:アメリカ (フロリダ州)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R32 Gaudio Gaston (ガストン・ガウディオ) アルゼンチン 176 6-0 6-3 W
R16 Michael Yani (ミカエル・ヤニ) アメリカ 518 6-4 5-7 6-4 W
QF Ramon Delgado (ラモン・デルガド) パラグアイ 234 7-5 6-4 W
SF Adrian Menendez-Maceiras (アドリアン・メネンデス) スペイン 235 W/O L

準決勝棄権

1月26日~1月27日 Dallas (AT&T ダラスチャレンジャー) 予選

カテゴリ: チャレンジャー(CH) 開催国:アメリカ (テキサス州)
予 選
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
Q1 Bruno Soares (ブルーノ・ソアレス) ブラジル 66 6-1 6-3 W
Q2 Marcus Sarstrand (マーカス・サーストランド) スウェーデン 475 3-6 6-4 6-3 W
Q3 KJ. Hippensteel (KJ・ヒッペンスティール) アメリカ 811 5-7 6-7(3) L

予選第1シードで出場。予選決勝まで行きましたが、本戦出場ならず! 

2月11日~17日 Delray Beach International Tennis Championships (デルレイビーチ国際テニス選手権)

カテゴリ: インターナショナルシリーズ (IS) 開催国:アメリカ (フロリダ州)
予 選 2月9日~2月10日 予選ドロー表
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
Q1 Nicolas Todero (ニコラス・トデロ) アルゼンチン 323 6-2 6-3 W
Q2 Jesse Witten (ジェシー・ウィッテン) アメリカ 227 6-4 6-4 W
Q3 Alex Bogomolov Jr. (アレクス・ボゴモロフJR) ロシア 194 6-2 7-5 W
本 戦 2月11日~2月17日
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R32 Florian Mayer (フロリアン・マイヤー) ドイツ 66 6-0 4-3 RET W
R16 Amer Delic (アメア・ディリック) ボスニア 120 6-7(7) 6-4 6-2 W
QF Bobby Reynolds (ボビー・レイノルズ) アメリカ 111 6-2 6-4 W
SF Sam Querrey (サム・クエリー) アメリカ 62 4-6 6-2 7-6(7) W
F James Blake (ジェームズ・ブレーク) アメリカ 12 3-6 6-1 6-4

やりました!ツアー初優勝です!
錦織選手の18歳と1ヶ月19日でのATPツアー優勝は、1998年アデレードの大会を制したL・ヒューイット選手以降、最年少の記録。
日本人選手としてのATPツアー優勝は、1992年に松岡修造氏がソウル大会で優勝して以来16年ぶりの快挙
この優勝でランキングが244位から131位に一気に上がりました。
「この大会で勝てたなんていまだに信じられません。テレビでしか見ていなかったブレーク選手に勝てるなんて。人生最高の大会になりました。」(錦織選手の試合後のコメント)

2月18日~2月24日 SAP Open (SAPオープン)

カテゴリ: インターナショナルシリーズ (IS) 開催国:アメリカ (カリフォルニア州)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R32 Diego Hartfield (ディエゴ・ハートフィールド) アルゼンチン 96 7-5 6-3 W
R16 Andy Roddick (アンディ・ロディック) アメリカ 6 2-6 4-6 L

Special Exemption(SE)で本戦から出場。 世界ランキング6位のロディック選手に敗れ、BEST8進出なりませんでした。

2月23日~24日 Regions Morgan Keegan Championships(リージョンズ・モーガン・キーガン選手権)予選

カテゴリ: インターナショナル ゴールド (ISG) 開催国:アメリカ (テネシー州 メンフィス)
予 選
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
Q1 Kuznetsov Alex (アレックス・クズネツォフ) アメリカ 263 6-4 6-4 W
Q2 Bobby Reynolds (ボビー・レイノルズ) アメリカ 100 2-6 0-3 RET L

予選に第6シードで出場。(ワイルドカード)
予選決勝では、 「デルレビーチ国際」で対戦したボビー・レイノルズ選手と対戦。第2セット0-3のところで体調不良の為、途中棄権。

3月13日~3月23日 Pacific Life Open (パシフィックライフ・オープン )

カテゴリ: マスターズ(MS) 開催国:アメリカ (カリフォルニア州 インディアン・ウェルズ)
予 選 3月11日~3月12日 予選ドロー表
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
Q1 Alex Bogdanovic (アレックス・ボグダノビッチ) イギリス 180 6-4 4-6 7-5 W
Q2 Frederic Niemeyer (フレデリック・ニーマイヤー) カナダ 182 5-7 7-5 6-4 W
本 戦 3月13日~3月23日
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R128 Marin Cilic (マリン・チリッチ) クロアチア 45 2-6 4-6 L

 

3月18日~3月23日 BMW Tennis Championship (BMWテニス選手権)

カテゴリ: チャレンジャー(CH) 開催国:アメリカ (フロリダ州)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R32 Nicolas Massu (ニコラス・マス) チリ 102 6-4 6-4 W
R16 Sebastien Grosjean (セバスチャン・グロジャン) フランス 51 2-6 7-6(6) 4-6 L

ワイルドカードで出場。 1回戦で対戦したニコラス・マス選手は、元世界ランキング9位、2004年のアテネ五輪で単複の金メダルを獲得した実力者。

3月26日~4月6日 Sony Ericsson Open (ソニー・エリクソン・オープン )

カテゴリ: マスターズ(MS) 開催国:アメリカ (フロリダ州)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R128 Albert Montanes (アルベルト・モンタネス) スペイン 56 5-7 2-6 L

ワイルドカードで出場

4月11日~4月13日 デビスカップ2008 アジアオセアニアゾーンⅠ2回戦 【日本対インド】

カテゴリ: デビスカップ 開催国:インド (ニューデリー)
Round 対 戦 相 手 ス コ ア 勝敗
1 錦織圭 vs Rohan Bopanna 6-7(2) 6-3 4-6 6-2 3-6 L
2 添田 豪 vs Prakash Amritraj 4-6 7-6(5) 4-6 4-6 6-8 L
3 鈴木 貴男 / 岩渕 聡 vs Mahesh Bhupathi / Leander Paes 6-7(2) 6-3 3-6 4-6 L
4 錦織圭 vs Mahesh Bhupathi 7-5 6-1 W
5 岩渕 聡 vs Leander Paes 6-4 4-6 6-4 W

日本 2-3 インド 日本のエースとして出場
日本デ杯史上最年少出場!(18歳3ヶ月13日) 谷沢英彦の18歳3ヶ月25日の記録を更新
日本デ杯史上最年少勝利!(18歳3ヶ月15日) 杉田祐一の18歳4ヶ月21日の記録を更新

4月14日~20日 Houston U.S. Men's Clay Court Championships (全米クレーコート選手権)

カテゴリ: インターナショナルシリーズ (IS) 開催国:アメリカ (テキサス)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R32 James Blake (ジェームズ・ブレーク) アメリカ 8 4-6 4-6 L

ワイルドカードで出場。 1回戦は、初優勝を飾った2月のデルレイ・ビーチの決勝戦で対戦した、今回トップ・シードのジェームズ・ブレークと選手と対戦。 試合後、「18歳なのに素晴らしい選手だ。これからもっと進化し続けるだろう。」と錦織選手を評価。

4月21日~4月27日 XL Bermuda Open (XLバミューダ・オープン)

カテゴリ: チャレンジャー(CH) 開催国:バミューダ (イギリス領)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R32 Marcos Daniel (マルコス・ダニエル) ブラジル 77 2-6 6-4 6-1 W
R16 Dudi Sela (デュディ・セラ) イスラエル 58 6-3 6-3 W
QF Ernests Gulbis (エルネスツ・ガルビス) ラトビア 88 6-2 2-6 6-2 W
SF Peter Luczak (ピーター・ルクザック) オーストラリア 101 6-3 6-3 W
F Viktor Troicki (ヴィクトル・トロイツキ) セルビア 116 2-6 7-5 7-6(5)

やりました!バミューダ・オープン優勝です! 決勝でヴィクトル・トロイツキ選手に逆転勝ち!
この優勝でランキングが120位から99位に上がり、日本の男子テニス史上最年少でトップ100位入り!
その後、ソニーとの所属契約を正式発表

5月20日~5月23日 French Open (全仏オープン) 予選

カテゴリ: グランドスラム(GS) 開催国:フランス (パリ ローランギャロス)
予 選
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
Q1 Juan-Martin Aranguren (フアンマルティン・アラングレン) アルゼンチン 233 1-6 6-3 6-2 W
Q2 Simon Greul (ジーマン・グロイル) ドイツ 193 2-6 5-7 L

予選第5シードで出場。 グランドスラム初出場ならず。

5月26日~6月1日 Izmir Cup (イズミールカップ)

カテゴリ: チャレンジャー(CH) 開催国:トルコ (イズミール)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R32 Ricardo Mello (リカルド・メロ) ブラジル 199 6-4 6-2 W
R16 Illya Marchenko (イリヤ・マルチェンコ) ウクライナ 354 4-6 2-6 L

第2シードで出場。 ダブルスでは優勝!

6月2日~6月8日 The Surbiton Trophy (サービトン・トロフィー)

カテゴリ: チャレンジャー(CH) 開催国:イギリス (サービトン)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R32 Stephane Bohli (ステファン・ボーリ) スイス 144 1-5 RET L

第4シードで出場。 第1セット 1-5 から体調不良の為、途中棄権。

6月9日~6月15日 The Artois Championships (アルトワ選手権)

カテゴリ: インターナショナルシリーズ (IS) 開催国:イギリス (ロンドン)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R64 Alejandro Falla (アレハンドロ・ファリャ) コロンビア 101 2-6 6-4 6-2 W
R32 Olivier Patiene (オリビエ・パシアンス) フランス 158 7-6(8) 6-3 W
R16 Rafael Nadal (ラファエル・ナダル) スペイン 2 4-6 6-3 3-6 L

ウィンブルドン前哨戦 「アルトワ選手権」 3回戦は、第1シード 世界ランキング2位のナダル選手と対戦!
1セットを奪ってのフルセットの末に惜敗!ナダル選手が1セットを奪われたのは10試合振り。
「彼はゲームセンスが抜群。それに機敏な選手でチャンスにはフォアだ。走りながら強力なバックも打ってくる。彼はトップ10、いやトップ5に必ず入ってくるよ。しかも容易くね。それくらい才能に溢れているってことさ。」(ナダル選手談)
「自信はつきました。芝にはダメなイメージしかなかったので、ここ何日間は...できるという思いは強くなった。」(錦織選手談)

6月16日~6月21日 The Slazenger Open (ノッティンガム・オープン)

カテゴリ: インターナショナルシリーズ (IS) 開催国:イギリス (ノッティンガム)
予 選 6月14日~6月15日 予選ドロー表
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
Q1 Todd Widom (トッド・ウィダム) アメリカ 312 6-3 6-7(7) 6-3 W
Q2 Filip Prpic (フィリップ・プルピッチ) スウェーデン 226 6-0 6-4 W
Q3 Daniel Cox (ダニエル・コックス) イギリス 940 6-3 7-5 W
本 戦 6月16日~6月21日
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R32 Thomas Johansson (トーマス・ヨハンソン) スウェーデン 68 5-7 RET L

2002年の全豪オープン覇者 トーマス・ヨハンソン選手と対戦。
第1セット5-7のところで腹筋痛の為、途中棄権。 芝を克服するためのハードスケジュールの末のアクシデント。 

6月23日~7月6日 Wimbledon (ウィンブルドン)

カテゴリ: グランドスラム(GS) 開催国:イギリス (ロンドン)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R128 Marc Gicquel (マルク・ジケル) フランス 53 6-4 5-7 RET L

ウィンブルドン、本戦から出場!四大大会初出場! 
前回の大会で痛めた腹筋の治療の為、ウィンブルドン前日にサーブ練習の許可がおりる。
第3セット開始直後に腹筋の状態が悪化し(腹筋の肉離れ)、途中棄権。

8月10日~8月17日 Olympic Tennis Event-Beijing (北京オリンピック)

カテゴリ: オリンピック(OL) 開催国:中国 (北京)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R64 Rainer Schuettler (ライナー・シュットラー) ドイツ 35 4-6 7-6 3-6 L

ITF(国際テニス連盟)の推薦を受けて北京オリンピック出場!
第2セット 0-5から巻き返し、6-6タイブレークの後、セット獲得!持病の腰痛にも見舞われながら、ウィンブルドン4強、世界ランキング34位のベテラン シュットラー相手に大健闘!

8月25日~9月7日 US OPEN (全米オープン) 

カテゴリ: グランドスラム(GS) 開催国:アメリカ (ニューヨーク)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R128 Juan Monaco (ファン・モナコ) アルゼンチン 32 6-2 6-2 5-7 6-2 W
R64 Roko Karanusic (ロコ・カラヌシッチ) クロアチア 100 6-1 7-5 RET W
R32 David Ferrer (ダビッド・フェレール) スペイン 4 6-4 6-4 3-6 2-6 7-5 W
R16 Juan Martin Del Potro (フアンマルティン・デル ポトロ) アルゼンチン 17 3-6 4-6 3-6 L

上位選手の欠場により本戦ストレートイン!第4シードのフェレール選手を破り、4回戦進出!
1回戦、グランドスラム初勝利!&日本男子 グランドスラム最年少勝利!
日本男子 全米オープン3回戦進出は、神和住純氏以来35年ぶり!
日本男子 全米オープン4回戦進出は、1937年以来71年ぶりの快挙!

9月29日~10月5日 AIG Japan Open Tennis Championships (AIGジャパン・オープン)

カテゴリ: インターナショナルシリーズ ゴールド(ISG) 開催国:日本(東京 有明コロシアム)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R64 Robert Kendrick (ロバート・ケンドリック) アメリカ 102 7-6(3) 6-7(5) 6-2 W
R32 Guillermo Garcia-Lopez (ギエルモ・ガルシア・ロペス) スペイン 60 6-4 6-4 W
R16 Richard Gasquet (リシャール・ガスケ) フランス 13 1-6 2-6 L

昨年10月プロ転向後、約1年ぶりの日本での試合。公開練習には9455人が訪れました。
3回戦まで進んだ錦織選手は、ランキング84位から77位に。9月9日付の81位を上回る自己最高位を記録。

10月6日~10月12日 If Stockholm Open (イフ・ストックホルム・オープン)

カテゴリ: インターナショナルシリーズ (IS) 開催国:スウェーデン (ストックホルム)
Round 対 戦 相 手 ランク ス コ ア 勝敗
R32 Marcel Granollers (マルセル・グラノジェルス) スペイン 55 2-6 6-4 6-2 W
R16 Dominik Hrbaty (ドミニク・フルバティ) スロバキア 396 6-1 1-6 7-5 W
QF Mario Ancic (マリオ・アンチッチ) クロアチア 31 W/O W
SF Robin Soderling (ロビン・ソデルリング) スウェーデン 35 1-6 0-6 L

ワイルドカードで出場。みごとBEST4進出!
この後、バーゼル、スイスの大会に出場予定でしたが、疲労性右ひざ痛で欠場。
今シーズンは終了しました。BEST4進出でランキングは77位から66位に浮上。自己最高位を更新。

会見に出席されていたライターの方が、USオープン・AIGオープンの際の皆さんからのメッセージのことを、錦織選手に質問してくださいました。その後、アメリカに帰国された錦織選手 ご本人からメッセージをいただきました。 
錦織選手からのメッセージ


PAGE TOP

過去の試合結果

シングルス 試合結果 (2001年~)

過去の試合結果 (ダブルス)

ダブルス 試合結果 (2002年~)

錦織圭ファンサイト カテゴリ

テニス観戦豆知識